HACK TO THE FUTURE 2019 の本戦に参加した話

ビジュアライザにたくさん提出した。

予選

新卒ブーストがかかったのと運で、予選104位で予選突破することができた。 予選最下位通過らしい。 予選の連絡が来た時は授業中だったので心の中ではしゃいでた。

本戦前日

前泊できたので夕方くらいに東京についた。晩御飯にずっと前から食べたかった蒙古タンメンを食べた。案の定からかったけどすごい美味しかった。本場の蒙古タンメンって感じがした。

当日

会場に行くと運営の方に案内されて社の中へ。受付で「お名前は?」と聞かれたので「みかんです」「あっ、本名でお願いしますw」「あw」みたいなやりとりをした。これでかなり緊張がほぐれたので運営の方に感謝。

会場入りしてPCの設定をしているとwifiが繋がらなくて運営の方にお世話してもらう。
後から気づいたんですけど、繋がらなかった原因は設定を反映してなかったからでした。私が犯人です。運営の方申し訳ない。

席に座るとウォンバットさんと番兵さんと同じ席になり、少し喋っているとすぐに本戦が始まった。

自分がこの時点で書き上げたプログラムは「スキルレベルを全て一定値まで上げるフェーズ」と「ひたすらクエストを受けて稼ぐフェーズ」の前半と後半に動きを分けた。スキルレベルはどこまで上げるのがいいかを全て試したところスキルレベルを全てMAXにする方がいいことがわかった。これを提出すると2.7億点が出た。ちなみにこれを提出するまでに6時間かかった。
次にどっちのフェーズのプログラムを改善するかを考えた。序盤のスキルを上げる順序をもう少し考えればスコアがかなり上がると思ったので実装。時間がなかったのでスキルを上げる順序をランダムで生成して時間いっぱいまでシミュレートした。 最終的に3.2億点が出た。

結果35人中24位だった。予選最下位だったのでかなり嬉しい。

コンテスト後にFUTURE社の紹介があった。FUTURE社...良さそう...

感想

人生初のオンサイトコンテストでかなり緊張したけど、最終的に成果を出せてよかった。 それからオンサイトコンテストに一度出ると次もまた来てやるぞとモチベーションも上がり精進するという最高のサイクルができるのでオンサイトコンテストにで続けられるように精進頑張ります!

(publishにしてなかったので記事の投稿が遅れた...)